top of page
  • mika

養生ヨガのまとめ③【ストレス解消ヨガ】

前回の記事はこちら⬇︎

第1回:心を整えるヨガ(舌でココロを観察 by ありあけ堂)

第2回:免疫力アップヨガ(インドのスーパーフードを紹介 by ありあけ堂)


4月のテーマは、今の軟禁生活の中でできる「ロックダウンを乗り切るヨガと養生法」

続いて第3回のまとめです。


第3回:ストレス解消ヨガ(チャイ&リラックスタイムの作り方 by ありあけ堂)


ヨガを始めてから「体が柔らかくなった」「しなやかな筋力ついた」「風邪をひきにくくなった」「病気をしても回復が早くなった」…などの肉体の変化を感じている人は多くいるかと思います。


では、心の変化はどうでしょうか。

継続するうちにヨガには心を落ち着かせるリラックス効果があることも実感することができます。


例えば、

「クラスを終わったとにイライラがなくなっていた。」

「最近怒らなくなった。」

「気持ちの切り替えが早くなった」

「思いやりの気持ちが深まった」

など思い当たる節はありませんか。


始めたきっかけは肉体の健康や美が目的だったとしても、続けているうちに内面までが変化していき心身の調和がとれていることに気付くはずです。


嬉しい、悲しい、楽しい…などの感情とそれらの感情の形成を司る脳の一部も「心」の一部であり、人間が生きていく上で必要な機能です。 二つの機能は連動しあっており、ヨガの運動、呼吸、瞑想などを行うことで体の緊張が和らぐように脳の緊張が解れ、物事の考え方や捉え方などのマインドが変わり、頭も柔軟になる働きがあるのです。


これは実際に科学的研究結果にも出ています。

野菜や一般的な食べ物にも含まれるGABA(ギャバ)という成分は、体内で神経伝達物質として働き、癒し成分とも言われ脳の興奮を鎮静させ、リラックス作用・睡眠の質を良くする・血圧を下げるなどの効果があります。

しかし、ストレスを強く感じることで成分の値が減ってしまい、不足することによって精神が不安定になったり感情が荒くなったり鬱などを招きます。

また、GABAは睡眠中に生成されるため寝不足によっても損なわれてしまいます。


研究では、たった1時間のヨガの実践によりストレスを低減するために必要なGABAが脳内で増加していたという結果が発表されています。


精神不安定、うつ病などの原因は過度なストレスによる自律神経の乱れが原因とされています。

特にヨガの種類は関係なく、筋肉の緊張と弛緩、呼吸で体に酸素を送り込むことを意識してヨガを行うことで自律神経が整い、ストレスを解消するために有効なのです。