top of page
  • mika

養生ヨガのまとめ②【免疫力アップヨガ】


前回の記事はこちら⬇︎

第1回:心を整えるヨガ(舌でココロを観察 by ありあけ堂)


4月のテーマは、今の軟禁生活の中でできる「ロックダウンを乗り切るヨガと養生法」


第2回:免疫力アップヨガ(インドのスーパーフードを紹介 by ありあけ堂)


先ずはインドで手に入る”スーパーフード”を紹介させていただきましたが、そもそもスーパーフードって何? スーパーフードという言葉自体は1980年代にアメリカやカナダなどの先進国から発祥したもので「栄養価の高い食べ物」「健康の維持や増進となるもの」「生活習慣病や老化を防ぐもの」など定義も様々です。


その中でも着目していただきたいのが以下の基準内容とポリシー

(※日本スーパーフード協会)

「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であること。それにより、人体に及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、その安全性に不安をもって食することがなく信頼がおけるもの。

自然が持つパワーの恩恵を得てきたことを物語る、神話や神秘のヒストリーが数多く存在しており、その物語性が人々を魅了しています。


とあります。


まさにこれはインド伝統「アーユルヴェーダ」の考えに紐づいています。

昔から日本には『身土不二』やという言葉がありますがご存知でしょうか。

『身土不二』という言葉は、「身体(身)と環境(土)は別々ではない(不二)」という意味合いがあり、インド伝統アーユルヴェーダの『オカサトミヤ』が起源でもあります。


『オカサトミヤ』とは…

・生まれ育った環境や習慣に合った食べ物を食すること。

・食べ慣れたものやその土地で採れた野菜や食材を使った食事を摂ること。

・暮らしている土地で採れる季節の食材を食すること。


人間も自然の一部という自然の摂理に基づいて、それぞれの生まれ育ったも土地で取れるもので体はできているという考え。


しかし、インドと日本の風土や採れる野菜や手に入る食材が違うように、海外に在住する者にとってはどうなのでしょう。


例えば、土地の気候に合った旬の野菜などは現地の食材を使い、日本の調味調(お味噌や醤油)で料理するなど、インド伝統のスーパーフードをそのまま取り入れるのではなく日本の食材と併用すればいいのです。

長期で海外に滞在していると、頭で考える前に「お蕎麦が食べたいな〜」とか「煮物が恋しい。」などと自然と体が日本の味を欲しますよね。

また、わざわざ日本から調達しなくても現地でも同じだけ、もしくはそれ以上に栄養価の高い食品があることも知ってください。