• MIKA

第7期RYT200 トレーニングを終えて


真我とは

本当の自分であり

私の考える真我は「神が創った光」(魂)

何も変わることがない

何の感情も持たない

その光に神は入れ物(肉体)を与え

心を与えた。

この世の生あるもの全てに同じ光がある。

色々な外的なものに真我は包まれてしまっていて

本当の自分に出会うのは難しい。

日常的なヨーガの実践により

いつか出会える(気付く)ものだと思う。

真我に出会うことだけに囚われたくないが

ただ本当の自分が幸せであることが

光を与えてくれた神への感謝である。

と私は考える。

今週、ヨガのティーチャートレーニングを終えた受講生の言葉です。

「私は何者か」という問いから始まる “ジニャーナヨガ” と「真我」の存在をそれぞれの解釈でどのように理解されているのかを知るためのものなので、答えには正解も不正解もありません。

お一人お一人、とても感動する内容ばかりでした。

5週間でそれぞれの学びがありました。

ヨガの叡智やまだまだ学ぶことがある事にも気付きました。

トレーニング中は毎日身体を使った実践を繰り返し、しなやかで強い肉体を作るとともに、自分の身体の癖や弱点にも気付きます。

肉体を使った実践は心の鍛錬となり、身体と心の深い繋がりに気付き、精神と身体をバランスしていきます。

ヨガの実践者には、アーサナ(ポーズ)をとることや肉体に執着してしまう者も少なくはありませんが、中には座学授業で学ぶヨーガ哲学に興味を持つ方もおられます。

今期もトレーニングを終えて、

「ヨガの哲学が面白かった。」

「ヨガの哲学を生活に生かしたい」

「哲学や瞑想をもっと学びたい。」

そんな感想がとても印象的で、それぞれが確実に自己成長と変容を遂げた証でもあります。

そして、この修了と同時に次の段階へとまた新たなスタートを切ったのです。

私自身、この度も素晴らしい受講生に恵まれて、反省する点も含め多くの学びがありました。

トレーニングを終えた今もまだ余韻を味わいながらじっくりと消化しています。

それぞれのもつ個性と人間性を尊重し、これからも全力でサポートしていきます。

トレーニングを終えた後も自分の練習を続けてください。

これは何年経ってもヨガの実践者である以上は、何より大切なことです。

ヨーガとは実践すること。

頭で理解したこと、得た知識を経験や実践によって智慧にします。

生活におけるヨガの実践(ヤマ・二ヤマ)、アーサナ、プラーナヤマ、、瞑想…

今、自分にとって何が必要なのかをきちんと見極めてそれを実践します。

一筋の光があなたのヨガの正しい導きとなりますように。

Om Shanti, Shanti, Shantih.

======================

本場インドでヨガとアーユルヴェーダを体験

インドデリー・グルガオンにて日本語で

ヨガとアーユルヴェーダを学ぶなら

VYOM wellness Yoga School

全米ヨガアライアンス認定校ヨガティーチャートレーニングコース開講

#インドでヨガ #ヨガ哲学

スタジオの場所:492 basement, Sector 27, Gurgaon

お問い合せ tel:7073944488 Googl Mapを見る

LINE_APP_typeA.png
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
インドで学ぶヨガ

インドで学ぶヨガとアーユルヴェーダ