• MIKA

ヨーガ経典【バガヴァッドギーターWS】


『バガヴァッド・ギーター』とは、ヒンドゥー教の聖典の一つ古代の叙事詩でもある『マハ ーバーラタ』第6巻の一部を構成するものであり、紀元後5世紀~2世紀頃までには現在の形に成立されたとされています。

簡単に要約すると、

バガヴァット=神

ギーター=詩(うた)

という意味をもち、同族同士で戦争を舞台に神と人の会話が物語(詩)の形で書かれています。

主人公のアルジュナが目の前の敵をみて愕然。

「なぜ同族同士で争い、身内を殺さなくてはならないのか?」という喪失感と疑問に対して、クリシュナ神が答えます。

教えを請うアルジュナと、教えを説くクリシュナの間で行われる質疑応答の真相には、私たち人間世界の内外で起きていることを現しています。

「何のために生まれてきたのか?」「何の為に生きているのか?」「何のために働かなければならないのか?」「なぜお金は必要なの?」「幸せとは何?」「愛って何?」「なぜ人は死ぬの?」

このような日頃の疑問を解いてくれます。

そもそも、このように考えたことはありますか。

ちなみに、私は物心ついた頃から生と死、人間や宇宙、全ての存在の不思議、そんなことが無意識に常に頭の中と感覚にありました。

だからこそ、ヨーガに出会い、今その疑問をヨーガの学びによって自分自身で解いているのでしょう。

「バガヴァッド・ギーター」はサンスクリット語(インド古語)から英語や日本語に訳されており、日本語では、現代人にわかりやすく改訂された書物も数書出版されています。

ヨーガを学ぶ者に是非一度は読んでいただきたい書物ではありますが、実際は読んでもよくわからない、難しい、最後まで読みきれない、という人がほとんど。

私も勉強し始めた頃は意味がわからず、しばらくは苦手意識を持っていましたのでよくわかります。

もしくは、聞いたことはあるけどまた手に取ったことはない、という人。

そんな方のために、この度、スタジオに特別講師を招いて勉強会を開講します。

※RYT200/500のカリキュラムにも含まれていますが、資格の取得関係なくどなたでもご受講可能です。

昨年開講しました「勝先生のWS」を受けられた方も、ヨーガ哲学の学びを深めるチャンスです!

今回は、より直訳に近い図書、上村勝彦訳の「バガヴァッド・ギーター」を元に、そこから更に掘り下げて学びます。

ヨーガ経典【バガヴァッドギーターWS】

① 7月27日(金)13:00~15:00

テーマ:インド哲学の優しい基本

「バガヴァット・ギーター」を読んでみよう

② 8月3日(金)13:00~15:00