top of page
  • MIKA

【レポート】アーユルヴェーダクッキングクラス


アーユルヴェーダでは、内臓に負担をかけないで消化に良いもの、またそれぞれの体質やドーシャバランスを整える食事によってアーマ(未消化物)を溜めない健康な体を作り、何よりも消化力を高めるとこを重要としています。

また、新鮮なお野菜や果物、できたての新鮮な食べ物をいただくことがサットヴァ(=純粋な心)を作ると言われています。

作り置きや冷凍はしません。

生まれた国や育った環境、季節や年齢などによって変化するドーシャによって、お魚や肉類を必要とする人もいるわけで、決してアーユルヴェーダ食=ベジタリアンではありません。

ただし、トリートメント中はノンアルコールはもちろん、消化力を考慮して完全ピュアベジタリアンです。

この滞在中、ほとんどの方が普段アルコールを飲む方でしたが、口を揃えて「飲みたいと思わない」と感じたのはトリートメントと食事、またこの環境の効果ですね。

レストランでは、ドクターの指示に従ってヴァータ・ピッタ・カファとそれぞれのドーシャ別に並べられる料理を選びます。

私は何度かそれを意図的に無視して、3種類とも少量ずつ取り食べ比べて見たところ、「おいしい」と感じるも味は日によって多少異なり、もともとバランスの崩れやすいヴァータ、もしくはとりわけ低いピッタの食事を体が欲していることが解りました。

自然と体が必要なものを教えてくれていることは、心身が純粋であればあるほど敏感で繊細になっていくのだと思います。


【アーユルヴェーダの6つの味】についてはこちらの記事。

インドに住んでいても毎日インド料理を食べ続けることはありませんし、正直北インド料理はスパイスが強すぎてあまり好きではありませんが、このセンターの食事には一度も飽きたことはありません。

皆さんもここの料理がとても気に入ったようで、このセンターが設立した頃から20年以上勤めるベテランシェフより学ぶアーユルヴェーダクッキングクラスをリクエストしました。

メニューは3種類選べるということで

・オニオンクリームスープ

・ミックスベジカリー

・ビーツルーツのトウレン

に意見一致し決定。