top of page
  • MIKA

月が欠け、心をとかす


夜22:00以降は月の時間。

精神と密接に関わり月の影響を受ける。

月が満ちる数日前は決まって神経が高ぶり気持ちが荒くなりやすい。

沸き起こる感情を抑えたり、その状態から抵抗はしないで静かに内側で観察することが私なりのケア。

それがとても自然で健康であることに感謝する。

まん丸力強い月が決まったペースで欠けていくとともに

気持ちが静まり、頭は一点に集中し、体が緩む。

呼吸が深まり心がとけていく。

伝わるものを感じるものをそのまま受け入れ、心から想いやる。

あなたへ、わたしへ素直で在ることは本当の優しさと強さとなり精神を鍛える。

弱さを認め受け容れ、涙とともに浄化する。

痛みや不安を解放し、安心感を得る。

安心に包まれた眠りは一層深く全身を地に委ね、消化し細胞から浄化される。

そんな翌朝は、心が軽く新しいスペースを創る。

張り詰めた緊張感は緩める必要性を教えてくれる。

その差が縮まり軸となり、真ん中のところの安定で小さくゆらぐ。

無限の可能性へと広がって繋がって

いつでも中心のところに在る穏やかで平安な場所へ還れる柔軟性を養う。

You might strike an important deal soon....