top of page
  • MIKA

娘はヨガ先生


この度の日本の帰国のタイミングで、腰に割と重い椎間板ヘルニアと狭窄症を患っていた70歳を越えている父。

検査入院後、お医者さんからの手術という一つの選択肢に、短期間で痛みから解放されるという楽さと体にメスを入れるという恐怖心と葛藤する父。

それよりも手術をした場合、その後の方が心配な娘。

父に身体のことで初めて真面目に真剣に助言した娘に、身体のことで初めて素直に娘の助言を受け入れた父。

いよいよ人生初のヨガ。

なぜって、生まれてこのかた腰痛や肩こりなど一切知らなかったほどの健康体だったから。

だからこそ今回は相当へこんでましたね。

ひとまず本人の不安が解消されたとろでリハビリのためのヨガ開始。

12日が経過したところで簡単にその経過の記録。

1日目:体の状態と、どの程度動けるのかをチェックするために、腰回りをメインにシンプルでゆっくりした動き。

体全体的にかなり強張りと筋肉の緊張。

骨盤の歪みもあり。

時間…20分間

2日目:1日目の動きをもとに、先ずは腰の筋肉を緩めるストレッチと呼吸。

初めての動きに頭がついてこないことがないよう、少しでも複雑な動きは避ける。

時間…20分間

3日目:2日目の動きに回数を増やしていく。

初日に比べると腰回りの動きがスムーズに。

このワークの後のウォーキングの足取りが軽くなり、快便にも効果あり。

時間…30分間

4日目:これまでの緩める動きに加え、筋肉強化の動きを加える。

主に腹筋。

普段の動きは弱々しいが、ちょっとした声かけで思った以上に動けること判明。

時間…20分間

5日目:腹筋に加え背筋も鍛えるワークアウト。

シンプルな動きを繰り返す。

本人楽しそう。

翌日、臀部の筋肉痛。

時間…30分間

6~9日目:腰のストレッチ、ワークアウトの後、普段使えてない腕や眼の動きを入れる。

意識すればまだまだ筋肉は使えること実感し、それを普段から意識することを伝える。