• MIKA

女性のアノ悩みの原因と解決策


ヨガの練習をしていて、多くの女性が経験したことがあるのではないでしょうか。

例えば、

サーランバ・サルバンガアーサナやシルシャアーサナ、ハーラアーサナなどのアップサイドダウンのホールド中やポーズからリリースする時に、ガスとは違う音と共に身体の穴から空気が抜け、ちょっと恥ずかしい思いをした。

もしくは、周りにそんな人がいませんでしたか。

それに悩む友人から、これってなんで?

って質問がありました。

簡潔に言うと、「骨盤底筋の衰え」です。

骨盤底筋とは、名前の通り、骨盤の底にある筋肉のこといい、主には女性特有の子宮や卵巣、また膀胱などの内蔵を支えており、肛門や尿道、膣などを閉める働きを担っています。 内転筋、恥骨筋、股関節などとも連動しています。

その筋肉が弱り衰えるとどうなるか。

骨盤が開き、弛みや歪みを引き起こします。

それが原因で、生理不順やPMSに悩まされることにもなり兼ねません。

そして、上記に挙げたようなことが日常生活やヨガの練習で起こったり、尿漏れや失禁の原因にもなります。

俄然、お腹(下腹部)はぽっこり、お尻は垂れ、主に下半身のボディラインが崩れ女性らしさも失われます。

妊娠中は更に緩み易くなるので、特に意識して使わないと出産後のリカバーが苦難になります。

この女性なら誰もが一度はぶちあたる悩みを、ヨガを通して改善していく解決策をほんの少しご紹介します。

こちら、マラアーサナ(花輪のポーズ)

背骨を長く伸ばして内腿を強く間持ちます。

このアーサナは、股関節を柔軟、内転筋の強化、骨盤底筋の収縮運動を促し、妊娠中に取り入れることで妊婦さんのお産や出産後のリカバーや下系コントロールにも役立ちます。

お腹が大きい時は、座骨下にブリックを使用すると楽になります。

そして、ターダアーサナ(立位のポーズ)

ただ立ってるだけではありません。 内腿、下腹部から恥骨、肛門の辺りを締め、引き上げるように意識すること。

内腿にブリックなどを挟むとより意識が高まり効果的です。

大切なのは、ヨガの時間だけではなく普段から意識することです。

炊事洗濯、お喋りしてるとき、立っているときや座っているときですら。

年齢を重ねるごとに筋力が衰えるのは自然な現象ですが、出来るだけ健康的できれいなボディラインを維持したいものですよね。

ヨガクラスではもっと詳しく、また実体験を通してお伝えします。

3月のスケジュールはこちら

=======================

3月~第2回【ヨガインテンシブコース(集中コース)】開催予定

日程の詳細等のお問い合わせはコンタクトよりお気軽に!

======================

インドデリー・グルガオンにて

日本語でちゃんとしたヨガのクラスVYOM wellness

本場インドでヨガとアーユルヴェーダを学ぶならVYOM wellness

#ヨガ

スタジオの場所:492 basement, Sector 27, Gurgaon

お問い合せ tel:7073944488 Googl Mapを見る

LINE_APP_typeA.png
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
インドで学ぶヨガ

インドで学ぶヨガとアーユルヴェーダ